スポンサーリンク

1、プロフィール/ダイエット期間

ヴィンテージ。ダイエット期間は、約3か月(今年2月から4月末まで)。約3kg、減量しました。今はその体重をキープできるよう、食べ過ぎに気を付けて、程よい運動を取り入れながら過ごしています。

2、 ダイエットを始めたきっかけ

よくあることですが、年末年始にかけて、普段は食べ慣れないものや、普段以上の量を食べ続けた結果、体重が少し増えました。お正月があけてからもその食習慣がなかなか抜けず、食べる量もなかなか普段のペースに戻すことができず、そうこうしているうちに体重は増え続けて、結局2kg増となってしまいました。当初はこれくらいたいしたことはない、と思っていたのですが、頬や顎下がぽっちゃりとしてしまい、年齢以上に見えると指摘されてしまうほどでした。顔は目立つところですし、このように指摘されたことが、きっかけです。

3、ダイエット方法

まず、3食をバランスよく食べるようにすることを心掛けました。朝食はパン食を休止し、玄米や白米に焼き魚、お味噌汁の3点を基本にしました。お味噌汁はダシをとったものがおいしいので、小まめにつくって冷蔵庫に常備しています。これは夕食でも同様です。昼食は仕事の時はお弁当なので、こちらは内容は変えずに、仕事以外の時にもたまにお弁当を作るようにしました。オフの日はパスタやうどんなどが多かったのですが、炭水化物過多で食べ応えがないわりに高カロリーになっている傾向だったので、オフの日もお弁当にすることで栄養バランスが整ったようで、変な時間におなかが空いて間食することもぐんと減りました。また野菜・豆類・海草・きのこ等を使用した作り置き惣菜を活用し、献立に入れました。運動は、空腹時の朝食前に早起きしてウォーキングや軽いジョギングを1、2日おきに行いました。有酸素運動はダイエットに有効ときいて実践したのですが、早起きには慣れていたので運動も自然と身につきました。消費カロリーのアップ、そして体型をスマートにしてくれる効果がありました。

スポンサーリンク

4、ダイエットの注意点

食事でダイエットしようとすると、量を極端に減らし、〇〇だけ、など食材も種類が激減してしまうとなると、身体に負担が大きくなってしまいます。食事の量を減らすと筋肉も落ちてしまいます。筋肉は代謝をつかさどっているので、落としすぎるとダイエットの効果にも影響が大きいので、適度に摂取カロリーを維持できるような食事内容にすることが大切です。また、低カロリーだからだといって食材を毎日同じものにしてしまうと、栄養バランスが整いません。身体に必要な栄養素が摂取できていないと、身体に不調をきたしてしまうこともありますので、バランスは考慮した献立が良いでしょう。

5、ダイエットにかかった費用

ウォーキングやジョギング用のTシャツ(半袖と長袖)、ズボン・ジャケットと、トータルで1万5千円ほどです。

読者に向けて一言

ダイエットをするにあたって、目標体重以外にも何か他に目標があったらよいと思います。身体をシェイプしたいと思ったら、具体的に、ヒップや太ももなど、部分的にシフトすればそれにそったストレッチや効果的な運動を取り入れるなどでき、続けることで効果もアップします。また、食事内夜を見直すということは、今後年齢を重ねるうえでも、その知識や体験は有効的なものになるので、中年以降の代謝が落ちる時期や、それより年配のアンチエイジング対策などとるうえでも有用です。健康維持にも役立つので、食事についてはいろいろ考慮すると良いと思います。

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク