スポンサーリンク

人はなぜ「肥満」になるのでしょうか?太るしくみとは?

ダイエットをしているが中々結果がでなかったり、長続きができない。

なんて事はありませんか?

たくさんの人は一度はこのような経験があると思います。

ダイエットに取り組む中で、痩せる仕組みや知識、メカニズムはとても重要になります。

私自身も知識がない状態でのダイエットは中々うまくいきませんでした。

現在ダイエット中の人やこれから始める方はしっかりと知識をつけてから効率的の良いダイエットにはげみましょう

「肥満」になる理由とは

日々の生活をしていくためには、食事でとる「エネルギー」が必要です。

エネルギーは体温を保つ、脳や内臓を動かす、運動や日常生活をしているエネルギーに使われています。

そして人の体は脂肪をたくわえておく機能があります。脂肪とはエネルギー源であるために、食事や飲料で摂取する糖分も脂肪となりエネルギーの燃料としてストックすることができます。

飲食で得たエネルギーと日常生活や運動での消費するエネルギーをコントロールさえ出来れば肥満体型になる事はありません。

ですので、消費するエネルギーより飲食で得たエネルギーの方が多ければ体脂肪と変わり、その結果太ってしまいます。

「3大栄養素」とは

 

エネルギーとなる主な食事(飲食でのエネルギー摂取は約95%)

炭水化物

タンパク質

脂肪

この3つが主な3大栄養素になります。

ですので、食べ過ぎによる皮下脂肪でしたらまだ良いですが、内臓脂肪として蓄えてしまうと健康や生活習慣に支障もでてきてしまいます。

内臓脂肪はもちろん健康上の問題にもなっていきます。

体質や遺伝、血糖値など他の理由もありますが、人が太ってしまう仕組みとは

スポンサーリンク

【摂取エネルギー】>【消費エネルギー】=脂肪をためこんでしまう人が「太る」という事です。

この仕組みが理解できただけでも、今後のダイエットには大きく影響していきます。

ダイエットを成功させるには摂取エネルギーより消費エネルギーを多くしていけば良いわけですから、やはり運動が効果的になっていきます。

運動不足になると

消費エネルギーが少なくなる。

筋肉の量が減り基礎代謝が落ちる。

食事の後の血糖値を下げる働きも鈍くなる。

運動不足になるとデメリットしかありませんね。結果このような状態が続いてしまうと、脂肪をためこみやすい身体に変化してしまいます。

デスクワークの方や頭を使う仕事の方もエネルギーの消費できますが、やはり運動不足となり肥満体型になってしまう方が多いいです。

様々なダイエット方法

ダイエットをしていく上ではたくさんの課題があります。運動する時間がなかったり食事方法、筋トレ、などダイエット方法はメディアや雑誌でたくさんの情報がありますが、そのすべてが効率的なわけではありません。