スポンサーリンク

“おから”ダイエットとは?

おからダイエットは満腹感を得られる食品としてダイエットには最適な食品です。

おからはカロリーが低いですので、いつもの食事を置き換えて、カロリーを抑えることができるダイエット法です

安価で手に入れることができますし、冷凍保存もできますので、簡単におからダイエットを始められます。

おからの料理法はたくさんあるので、多くの人がダイエットに取り入れています。

また、食物繊維が多く含まれている食品なので、腸をきれいにして脂質や糖質の吸収を抑えてくれます。

おからは炭水化物ですが、同じ量のご飯と比べると31%もカロリーが少なくなります。

おから/豆腐の違いとは??

豆腐は煮込んだ大豆をすりつぶして、こすことによって作られますが、おからは大豆から豆乳を搾った後の豆腐の絞りかすです。

大豆から水分が搾り取られているため、おからはパサパサとしている食材です。

安い上に栄養価が高いですので、ダイエットには豆腐よりも“おから”の方が高い効果があると言われています。

食物繊維を多く含むおから(100gあたり11.5g)に比べて豆腐にはほとんど食物繊維が含まれていません。

豆腐と同様におからの日持ちも短いですが、乾燥おからは常温保存できる上に水分が抜けているので、小麦粉やパン粉の代わりに乾燥おからを使うこともできます。

水で戻せば生のおからと同じように使えますので、料理の際にもたいへん便利になります。

おからの成分で満腹効果!?

おからには食物繊維が豊富に含まれています。その食物繊維の働きが満腹感を高めてくれます。

この食物繊維は不溶性で、胃腸内で水に溶けずに水と混ざると膨張するので、少ない量でも食べた以上の満腹感が得られるのです。

スポンサーリンク

低カロリーな上に食物繊維は胃腸をきれいにしてくれるので、便秘解消の効果もあります。

つまり腸内での余分な脂肪の吸収を防いでくれます。

また、おからには豆腐には含まれていないサポニンという成分が含まれています。

サポニンの優れた効果とは

サポニンは、余分な糖質や脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

さらに、便秘解消や中性脂肪を低下させるダイエット効果もあります。

血管に付着した脂肪を放置してしまうと、動脈硬化や高血圧を招く要因にもなりますので、サポニンは生活習慣病を予防する効果にもなります。

さらにサポニンには、老化を食い止めるという働きもありますので、【健康】【ダイエット】【美容】の全てに適しています。

おからの栄養素!?

おからは豆腐と同様、大豆から作られますので、大豆に含まれているタンパク質が筋力や基礎代謝を増やしてくれます。

さらに、おからには大豆イソフラボンも含まれています。

大豆イソフラボンは、美容ホルモンと呼ばれるエストロゲンに似た働きをするので、美肌やバストアップといった美容のサポート効果もあります。

食べ過ぎには注意!!

おからに含まれる食物繊維は、便秘を解消や満腹感を与えてくれますが、不溶性の食物繊維の為に過剰に摂取すると、お腹が緩くなることがあります。

ですので、おからを食べる目安としては、一日約50グラムです。

量は少なく感じますが、お腹の中で食物繊維が膨張するので満腹感を得ることができます。

また、おからは水分だけではなく油分にも吸収しやすい性質です。

ですので、調味料によっては逆にカロリーが高くなってしまうので注意して下さい。

さいごに

おからダイエットは口コミでも高評価なダイエットです。

料理の種類も豊富な上に簡単に作れるので、もちろん男性の方にもオススメです。

・おからクッキー

・おからハンバーグ

・卯の花

・おからナゲット

などが定番になっているようですね。

おからは腹持ちがよく便秘解消の効果も高いところから、ダイエット成功者は多いいそうです。

アレンジしたり、ひとくふう加えるだけで飽きる事のない料理もできますので、ダイエットの継続にも繋がりますね。

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク