スポンサーリンク

正しいスクワットをする事で

以前の記事でもスクワットの知識について説明しましたが、みなさんはスクワットの正しいやり方や頻度はご存知でしょうか??

スクワットでダイエットを成功させるためには正しいやり方、方法があります。

スクワットは正しい方法でやらなければ筋肉がつきすぎてしまったり、痛めてしまったり、ダイエットには効果的ではないのです。

正しくスクワットを行えば全身の筋肉を効果的に鍛えられるので、より成果を出す事が可能になっていきます。

さらに正しく行う事により、成長ホルモンの分泌補足にも繋がりますので、脂肪燃焼の効果やカロリーの消費も上がっていきます。

それではスクワットの正しい方法をご紹介していきます。

正しいスクワットのフォームは??

(全身に効果があるスクワット)

1、足を肩幅程度に開いて、猫背にならないよう背筋を伸ばし、手を90度まっすぐ前に伸ばします。

2、つま先は外に向けずにまっすぐにします。

スポンサーリンク

3、太ももが床と水平になるまで腰をゆっくりと落とす。(椅子に腰をかけるイメージです。)

4、この状態を、2〜3秒間キープ。(視線はまっすぐ前を向いて、顎を上げたり引いたりしないように)

5、ゆっくり元の状態へ戻します。

フォームが綺麗にできているか鏡で確認してみましょう。

腰が曲がっていたり、背中が反れていては間違ったフォームになっています。

腰や背中に負担がかかり怪我の原因にもなってしまいますので、フォームを意識しながら行ってください。

タイミングや頻度

1日3セット行う場合は

朝・入浴前・就眠前

が良いです。

食後や入浴後では効果が少なかったり、身体への負担になってしまうので食事前や入浴前に行ってください。

頻度は

男性/1度に20〜30回   1日2〜3セット

女性/1度に10〜15回   1日2〜3セット

この回数とセットでダイエット効果のあるスクワットが行うことができます。

最初は少ない数でも良いので、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。

スクワットは自宅で簡単に始められるダイエット方法ですので、しっかりと継続させましょう。

さいごに

今回のテーマは正しいスクワットのやり方でしたが、筋トレや運動にはどれにも【正しいやり方】があります。

同じ運動や筋トレでも筋肉を増やしたい。体重を落としたい。ではやり方が変わっていきます。

どちらも効率良く目標達成させる為に、知識をつけてから挑んでみましょう。

スクワットは他にも

・バーベルスクワット

・ローバースクワット

・骨盤スクワット

など色々な種類があります。

また今後の記事で紹介していきますので、よろしくお願いします。

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク