スポンサーリンク

スクワットはダイエットに効果的?

下半身の筋トレといえば、やはり【スクワット】ですね。

下半身の筋肉は全身の3分の2占めているといわれています。

ですので、下半身を鍛えないと全身の筋肉増えてはいきません。

しかし、スクワットといえば「痩せる」より「鍛える」というイメージがありますよね??

下半身の筋肉を鍛えることで、基礎代謝が上がり脂肪の燃焼を効率を良くする事ができます。

その結果、引き締め効果が期待されます。

ダイエットには様々なダイエット方法がありますが、なかなか結果がでない、効果を感じられない、と思う方もいるのではないでしょうか?

痩せない悩みがある方、いつものダイエットにスクワットを追加する事でダイエットにはとても効果的になります。

腹筋よりもスクワットの方が良い訳は??

太もも付近の筋肉は全身の中でも一番消費カロリーが多いい筋肉です。

ですので、筋肉の面積が狭い腹筋よりも筋肉が大きく多いいスクワットの方が、ダイエットには効果的 になります。

カロリーで表すとスクワットの消費カロリーは、

1回=約0.5キロカロリー

100回=50キロカロリー

になります。

一見少ないと感じますが、スクワットの効果は1回で、腹筋100回分に相当 するといわれています。

ですので少ない回数でも、かなりの運動量になります。

さらに、上記の通りカラダの大部分を占める筋肉の量を増やすことにより、自然と代謝が良くなりカロリーを消費してくれる身体になります。

スポンサーリンク

筋肉量を増えると言う事はもちろんダイエット後のリバウンドの回避 にもなります。

全身の引き締め効果だけじゃない

スクワットは下半身だけではなく、筋肉を増やして脂肪燃焼できるため、お腹まわりや背中、お尻、全身の引き締めの効果が期待できます。

さらに、スクワットをすることによりインナーマッスルも鍛えられるので便秘解消や下半身の血流がよくなり代謝が促されて冷え性の対策にもなります。

ですので、健康で引き締まった体をつくるためのダイエットには、スクワットがとても効果的になります。

また、体幹を鍛えるために腹筋や背筋をしている方は多いいですが、スクワットでは腹筋や背筋、全身を引き締めながら体幹も鍛える事ができます。

スクワットの注意点

スクワットで使った筋肉はしっかりと伸ばしてあげる必要があります。

怪我防止の為にもスクワット後にはしっかり前屈やストレッチを行ってください。

また、筋肉をあまりつけたくない方は2~3日程間隔を開けながら行うのが良いでしょう。

さいごに

何の運動でも同じですが、スクワットももちろん継続が大切になります。

他の運動とは違って、少ない回数でも効果はでますので自分の励みにもなりますね。

今回はスクワットで得る事の知識を紹介しましたが、正しいスクワットのやり方や効果的な回数も紹介してますので、そちらの記事も是非ご覧ください。

 

 

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク