スポンサーリンク

バレエエクササイズでスリムボディを手に入れよう!

バレリーナのみなさんは、とてもスリムで妖精のように軽やかですよね。

よく見るとただ細いだけでなくしっかりと筋肉がついているのが分かるように、バレリーナの動きやジャンプにはしなやかな筋肉が必要不可欠です。

たとえばポーズひとつとっても人体工学に基づいた形が定められており、無駄を省いて人間の筋肉を美しく使うことができるように発展したのです。

そんなバレエの動きをエクササイズと合わせて、初心者にもできるように改造したのがバレエエクササイズです。

効率的にインナーマッスルを鍛えられるので、モデルの人達もトレーニングに取り入れている程

今回はその中から3つのポーズをご紹介します。

バレエ立ち

これはバレエで言う1番の立ち方です。

全身の筋肉を意識して、体幹を鍛えることができます。

両足のかかとを合わせて、つま先とつま先が1本の線になるように開きます。

この時両足の膝をくっつけることと、背筋を曲げないことを忘れないでください。

180度開くのが理想ですが、最初は自分が開けるところまでで大丈夫です。

ただ立つだけでも、全身の筋肉を使っているのを実感できます。

街中や仕事中にふと気付いたときには、3番の立ち方(右足の土踏まずのあたりに左足のかかとをつけて立つ)がおすすめです。

スポンサーリンク

美しく立ちながらも、こっそりインナーマッスルを鍛えることができますよ。

 

アラベスク

バレエのアラベスクのポーズは、片方の足を後ろに高くあげるポーズです。

柔軟性が上がるのと、脚やせが期待できます。

上半身はできるだけまっすぐに保つことと、地面につけた軸足と、高く挙げている足が曲がらないように気をつけましょう。

最初はバーや壁に手をついて片足10秒ずつ。

慣れてきたらトレーニング用のゴムバンドを使ったり、どこにも手をつけずにポーズを決めて負荷を上げて行きましょう。

スワンクロール

二の腕と背中痩せに効果があります。

まず足を肩幅に広げて立ち、腰を曲げて上半身と床が平行になるようにします。
その状態でクロールをするように腕を回します。

この時、指先まで意識をすること・腕を極力曲げないように回すことを忘れないでください。

各20回ずつ行うと、二の腕と肩甲骨周りがすっきりしてきますよ!

さいごに

いかがでしたか?

今回はバレエエクササイズから、体幹・足・腕を鍛えられる3つのポーズをご紹介しました。

どれも簡単に見えるのに、やってみると意外とキツいのがわかると思います。
1日5分もあれば出来るので、ぜひ朝や寝る前に取り入れてみて下さい。

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク