スポンサーリンク

大腰筋とは??

マッサージを毎晩しているのにすぐむくんでしまったり、トレーニングや運動をがんばっているのに、思うように下半身が細くならないな~、なんてことないですか?

もしかしてそれは大腰筋が衰えているのかも…?
外側や末端のケアも大切ですが、同時に体の内側をトレーニングすることも理想のボディラインを作るためには重要なんです。

そもそも大腰筋とは股関節屈筋群とも呼ばれている背骨・肋骨・骨盤を支えている大小数々の筋肉の総称です。

体の深部にあるので、インナーマッスルと考えられています。

上半身と下半身を繋ぐ筋肉なので、私たちがスムーズに立ち上がったり歩いたりするのに大切な役割をもっています。

この部分がきちんと発達していれば、骨が正常な位置にあるままなので健康的な生活を送れるのですが
長時間のデスクワークなどで大腰筋が衰えると、骨盤や背骨がゆがんだり、腰痛の原因になってしまうんですね。

さらに下腹部を支える筋肉が弱いと、下腹がぽっこりと出たり、便秘になりやすくなってしまうだけでなく、
骨盤がゆがむと股関節にあるリンパ節が詰まりやすくなるため、老廃物や毒素が流れずにむくみがとりづらくなってしまうことも…。

スポンサーリンク

年齢を重ねて歩行がおっくうになるのも、この大腰筋が衰えて硬くなってしまうことが一因だと言われています。

ストレッチで大腰筋をほぐそう

大切な箇所だから!といきなりハードな筋トレをするのはちょっと待ってください。

久しぶりに走って足を痛めたりするように、筋肉は急な刺激に敏感です。

なのでまずはストレッチで筋肉をほぐしてゆるめましょう。

ヨガの戦士のポーズと呼ばれている、股関節と足を伸ばすポーズです。

深く息を吐きながら伸ばして10秒キープするのを2回(両足分)するといいでしょう。

大腰筋を鍛えられる簡単なエクササイズとは??

大腰筋を鍛えるなら、もも上げからスタートするのがいいでしょう。

片方の太ももが床と水平になるまで上げて1秒キープしてからゆっくりもどしてください。

最初は30回ほどから始めて、徐々に回数を増やすといいでしょう。

他にもバックブリッジ(仰向けに寝て、肩をつけた状態でお尻を上げてキープするエクササイズ)なども取り入れるとより効果的なのでオススメです。

さいごに

大腰筋を鍛えるエクササイズは、どれも簡単にできるものばかりなので、毎日の生活のちょっとしたスキマ時間に取り入れて見てください。

お腹の筋肉が締まると、自然なコルセット効果が得られてお洋服もカッコ良く着こなせますよ!

【流行りのダイエット商品】

すぐに痩せたい!効果を出したい!そんな方には、

2017年人気のダイエット商品を厳選しました。

お探しの方は是非チェックしてみてください。

人気で話題のオススメ品をご紹介しています。

【2017年人気ダイエット商品5選。】

スポンサーリンク